読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEEKer

仕事や生活に役立つ情報や気になった情報を発信!アウトドアや登山アイテムの紹介やレビュー、写真の取り方・編集方法やカメラ機材の紹介やレビューも!

職場や学校の人間関係がうまくいく!明日から使える心理学的テクニック7つ

f:id:lifehack_and_geek:20150801151551j:plain

好意的に接する

こちらが好意的に接すれば相手もそれに答えてくれます。

 

人は自分だけが報酬を得ている状態を無意識に避けようとします。

つまり、「何かお返しをしないといけない」と無意識に思ってしまいます。


好きでもなかったのに告白されてから気になる存在になり、

いつのまにか好きになっていた。などはよく聞く話だと思います。

 

ここでは「好意」としていますが好意でなくとも、

「仕事を手伝ってあげる」であったり「飲み物を差し入れる」であったり、

相手に対して何かを与える事が重要です。

 

プライベートな話題を提供する

人のプライベートな側面を知ったとき、急に親近感が沸くとこはありませんか?

 

その特性を利用し、自分のプライベートを少しでもいいので日々の雑談などで出す事で、親近感を持ってもらうようにします。

 

例えば、「休日に子供と遊んで~」といったような些細な事でも効果的です。

会話のネタにもなりますし、趣味が合えば休みの日に一緒に遊びに行けたりもします。

 

接触回数を増やす

長い時間を1日一緒に過ごすよりも、日々の接触回数を増やすようにしましょう。

単純な接触回数の増加が「おなじみ感」を作り出し、親近感を覚えやすくなります。

 

テレビCMとかもこの単純接触回数を増やし、

好感度の向上や、そこからの購買を狙ったりしています。

 

共通の知人と一緒にご飯を食べに行く

共通の知人がいれば、その人と一緒にランチなどに行きましょう。

「自分の周りのもの、なじみのもの、には悪いものはないはず」という思い込みがあるので、

共通の知人がいれば、一気に良好な人間関係を構築する事が可能です。

 

ただ、そんな都合よく共通の知人がいるものでもないので、

運良く共通の知人がいる場合は試してみて下さい。

 

反論は一度受け入れる

反論に対しまともに反論してしまうと拒絶反応がで出てしまうので、

最初は必ず一度受け入れて(同意して)下さい。

受け入れた上で、「実は・・・」といったように、会話するようにしましょう。

 

正しいと思ったことを頭ごなしに否定されると、だれでも不快に感じるので、

まずは受け入れ、相手の価値観や考え方を許容する事が大事です。

 

感情的な言葉に対してオウム返しする

これは会話のテクニックになりますが、

相手が感情的な単語を発言した場合は、発言をそのままオウム返しします。

 

例えば、「感動した」や「楽しい」など感情を表す言葉です。

リフレクティングと呼ばれ、相手に安心感を与える効果があります。

 

相手と似た行動をする

相手が飲み物に手をつけたら自分も飲み物を飲みます。

相手のリズムに合わせてください。

親近感が湧き、好意を抱きやすくなります。

 

ただ明らかに不自然だと違和感を感じやすいので、

うまく出来ない場合はやらないほうがいいと思います。

 

最後に

仕事は一人で進められるものもありますが、仕事の規模が大きくなってくると、

チームで仕事を進める事が多くなってきます。

 

チームの中には自分と全く合わない人や、関わりたくない、と思う人も出てきます。

さらに、チーム外の人達と協業する必要もあります。

 

とはいえ、チームとして最大限の成果を出すためには、

仕事に関わる人全員が同じ方向を向き、目的を共有し、成果にコミットしている状態を作り出す必要があります。

 

そのための手段の一つとして、これらのテクニックを活用してみてください。