読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEEKer

仕事や生活に役立つ情報や気になった情報を発信!アウトドアや登山アイテムの紹介やレビュー、写真の取り方・編集方法やカメラ機材の紹介やレビューも!

貯金が増える!効率的な節約術の考え方と3つの例|細かい節約は時間の無駄!

f:id:lifehack_and_geek:20150802141625j:plain

細かな節約は手間なだけで効率が良くない

結論から言うと、月のランニングコストを削るために、

細かい節約をしている人がいますが、時間の無駄なのでやらない方がいいです。

無駄というと語弊があるかもしれませんが、時間効率で見ると効率的ではないです。

 

例えば、

  • 少しでも安い食材を買うのにスーパーを厳選し、少し遠くのスーパーへ行く
  • 掃除機ではなく、雑巾やモップでフローリングを掃除する

とかですね。

 

その時間でバイトでもして収入を増やしたほうが効率的です。

 

つまり、 

時間効率がいい=手間は一度だけ。以後は継続的にコスト削減されていく。

ことにだけ手間をかけるべきです。

 

ここでは自分が実践している事の中から、

時間効率がいいと思われる3つの方法をピックアップしました。

 

各種契約を見直す

定番ですが、一度見直すと以後継続的に削減されるため、

時間効率はかなりいいので、必ず見直してください。

 

例えば・・・

 

電気料金の契約を見直す

特に社会人で一人暮らしの人は昼間は家にいないので、

夜間の電気料気が安くなるナイトプランへ切り替えてください。

 

保険契約を見直す

なんとなく保険契約している人が多いと思いますが、保証内容を見直してください。

過剰な保証になっている場合が多いです。

 

全ての支払いをクレジットカードにする

自分の例ですが、

食費、交際費、光熱費、など生活にかかるほぼ全ての費用を、

クレジットカードで支払っています。

これだけでざっくり年間100万円程度をクレジットカードで支払っています。

 

ポイントが貯まる

さらに家賃もクレジットカードで支払っているので、

年間150万円程度を支払うことになり、

合計で年間250万円程度をクレジットカードで支払っている事になります。

 

1%の還元としても年間2.5万円分のポイントが貯まることになります。

 

上位カードにすると還元率も変わってきたりしますが、

年間の支払額が跳ね上がるので、年間の支払い金額と特典を含め、

自分の収入と支出にあったカードを選ばないと、逆に損する事になるので注意して下さい。

 

マイルを貯める事も出来る

旅行が好きな人や地元が地方の人は、

このクレジットカードを航空会社提携のものにすることでマイルが貯まるようになるので、

旅行や帰省時の費用を簡単に捻出する事が出来るようになります。

普通に生活しているだけでマイルが貯まっていくので、これはかなりオススメです。

 

ちなみにここでは紹介しませんが、航空会社以外にも色々な提携カードがあるので、

自分にあったカードを選ぶようにして下さい。

 

使用履歴が簡単にわかる

クレジットカード会社のHP上で、自分の使用履歴をデータで出力出来たり、

月額の使用料金を簡単に確認する事が出来るので、

どの月で出費が増え、原因は何か、というのが容易に特定出来るため、

支出の管理がかなり楽になりました。

 

そもそも、毎月家計簿をつけるのは面倒なのと、

細かくつけたところで大きく打ち手は変わらないので、この程度でいいです。

 

クレジットヒストリー(クレヒス)がたまる

ローンを組む際に重要になるクレヒスですが、全ての支払いをクレジットカードにする事で、

毎月かなりの額を取引をしている事になり、良質なクレヒスがたまっていきます。

この辺りは詳しく説明しているサイトがいくつもあるので、

気になる方はそちらを見て下さい。

 

注意点

間違ってもリボや分割での支払いはしないで下さい。

利子を支払う事になるので、ポイント還元の意味がありません。

月々の支払いに困りそうという方は、

現金で払わないとむしろ出費が増える事になるので注意して下さい。

 

家賃の値下げ交渉をする

家賃の値下げ交渉している人をあまり見たことがないのですが、

自分は更新のタイミングで必ず家賃交渉(値下げ交渉)をしています。

 

築年数が経てば経つほど、新たに賃貸契約する人は、

以前自分が契約した月額よりも低い金額で賃貸契約しているはずなので、

家賃の値下げをしてもらわないと、かなり損をしている事になります。

 

そして交渉しない限り家賃が安くなる事はまずないので、

交渉する事をオススメします。

 

自分の場合は何回か安くしてもらっているので、

当初住んでいた家賃と比較して、月額で1万円以上安くなりました。

毎月発生するコストなので、かなり効果的です。