読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEEKer

仕事や生活に役立つ情報や気になった情報を発信!アウトドアや登山アイテムの紹介やレビュー、写真の取り方・編集方法やカメラ機材の紹介やレビューも!

使えると仕事が効率的になる、新卒社会人におすすめのExcel関数3選

新卒で社会人になった人向けに、使えると仕事が捗る便利なExcel関数3つをまとめました!

f:id:lifehack_and_geek:20150613130020j:plain

関数の詳し使い方は色々なサイトが丁寧にまとめているので、

ここでは簡単な説明と、どういった場面で使えるのかを中心に説明します。

※SUMやMAXなどの基本的な関数はここでは取り上げていません

 

おすすめのExcel関数

  1. VLOOKUP
  2. IFERROR
  3. SUMIFS

 

1.VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, 検索の型)

用途:縦方向の範囲を検索する

場面:大量の明細に紐づくデータを、別のデータ群から検索し引っ張りたい

具体例:1000種類の商品(データA)の販売価格(データB)を調べたい時

補足:データAとデータBの間で共通の値を検索する関数なので、

   お互いのデータ群で共通する値を持っている必要があります。

   データA:商品コード、商品名

   データB:商品コード、販売価格

   こういったデータ構成の場合、VLOOKUPが使用出来ます。

補足2

   ♯N/A:検索した値が検索したデータ群にない場合、表示されます。

   0:検索した値が検索したデータ群にあるが、欲しいデータが空の場合、表示されます。

 

社会人必須のExcel関数と言っても過言ではありません

これを知らないと仕事にならない場面が数多く出てくるので、必ず使えるようにしましょう。

 

 

2.IFERROR(値, エラーの場合の値)

用途:エラーが出た場合、指定した値を返す

場面:Excel上で計算した結果、エラーが表示されてしまったので、

   そのエラーを消して空白にしたい

具体例:VLOOKUPした場合のエラーを、空白にしたい時

 

これ単体で使うというよりは、他の関数と組み合わせて使用する場面が多いです。

例えば、前述したVLOOKUP関数と併用する事も多いです。

 

エラーが含まれているデータを集計などで扱うと、

どうしても計算結果がエラーとなってしまい解が出力されないため、

この関数を使用し、予めエラーを消しこんでおく事で、確認の手間が省けます

 

 

3.SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲1, 条件1, 条件範囲2, 条件2, ...)

用途:複数条件に一致するセルを検索し、

   見つけたセルと同じ行(または列)の「合計対象範囲」のセルに入っている値の合計を返す

場面:指定した複数条件に当てはまる明細の合計値を取得したいとき

具体例:2015年度内に販売した商品Aの合計金額を知りたいとき

 

具体例にも記載していますが、単一条件での集計頻度よりは

複数条件での集計頻度の方が多いため、SUMIFS関数は覚えておいた方がいいです。

特に期間を指定する場合が多いので、期間の指定方法も調べておきましょう。

 

 

最後に

新卒の社会人が出世コースに乗り同期に競り勝つためには、

上司に求められている以上の成果を常に出す必要があります。

 

そのためには仕事を効率的に処理し、

より良いアウトプットをより多く行う必要があります。

特にExcelに関しては、関数を知っていると知らないのでは、

作業効率とアウトプットにかなり差が出てきます。

 

統計を利用した集計や計算は専門の人やツールがやってくれますが、

上記に記載したレベルの集計は自分で処理した方が早いため、

ここで記載した関数程度であれば、必ず使えるようにしておきましょう!