読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEEKer

仕事や生活に役立つ情報や気になった情報を発信!アウトドアや登山アイテムの紹介やレビュー、写真の取り方・編集方法やカメラ機材の紹介やレビューも!

英単語の効率的な勉強方法|TOEICでも使える画像による記憶定着法

英単語の勉強を始めた人が途中で諦めた理由として、

以前勉強したはずの英単語を忘れてしまい、なかなか覚える事が出来ない。

 

結果としてかなりの頻度で復習する必要が出てきてしまい、

その復習量の多さ、勉強が進まない事に苛立ち、

そして最終的には途中で挫折してしまう。

 

といった事を経験している人はかなりいるのではないでしょうか?

 

具体的にまとめると、

以下の様な問題を抱えるケースが多いと思います。

 

  • 一度覚えたはずの英単語が実際には記憶に定着していない
  • 復習にかなりの時間を費やしてしまう
  • 勉強効率が低下しまい、モチベーションが保てない

 

従来の一般的な英単語帳を利用した文字ベースの勉強方法では、

上記のような問題にはなかなか対処出来ず、

かといって、高額な英語学習教材に手を出すのはちょっと・・・

と、思っている方が多いのではないでしょうか。

 

そこで、最近話題になったGoogle画像検索を使った無料の英語勉強方法が、

英単語の記憶定着を助けるのに役立つのでは、と思い整理しました!

 

▼目次

  1. 記憶の定着について
  2. なぜGoogleの画像検索がいいのか
  3. 語句でもGoogleの画像検索は使えるのか
  4. まとめ

 

1.記憶の定着について

まず最初に大事な点があります。

それは、Google画像検索での学習を利用しても復習が必要なのは変わらない

という事です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

人間の記憶定着の理論については忘却曲線と呼ばれる

心理学者のヘルマン・エビングハウスが導いた曲線を知る必要があります。

 

それによると人間の記憶は、

時間経過と共に徐々に記憶は薄れ、

思い出すのに必要な時間が増えていくのがわかります。

 

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4e/ForgettingCurve.svg/250px-ForgettingCurve.svg.png

20分後には、節約率が58%であった。
1時間後には、節約率が44%であった。
1日後には、節約率が26%であった。
1週間後には、節約率が23%であった。
1ヶ月後には、節約率が21%であった。

忘却曲線 - Wikipedia

 

つまり、覚えたことを忘れてしまう事、

それ自体は人間の脳の構造上、仕方のない事で、

記憶を定着させるには復習は必ず必要になりますので、

今回は復習方法には触れませんが、その点は必ず意識してください。

 

繰り返しになりますが、復習は必要です。

ただ、その復習が楽or頻度が減るようになる方法が今回のメインテーマです!

 

 

2.なぜGoogle画像検索がいいのか

それは、写真やイメージと単語を組み合わせる事によって

記憶定着を助け、再度呼び起こす事を容易にさせる事が出来るからです。

 

具体的に書きます

 

apple

 

という英単語を見て、何が思い浮かんだでしょうか?

「りんご」という日本語と

「りんごそのもののイメージ」が同時に思い浮かんだ

という方が多いのではないでしょうか?

 

f:id:lifehack_and_geek:20150523210156j:plain

 

次の単語はどうですか?

 

adolescence

 

そもそも知らない、という方も多いと思いますが

これは「思春期」とか「青年期」という単語です。

 

意味がわかった方は、

りんごと同様にイメージが同時に思い浮かびましたか?

 

ここで大事なのは日本語で「青春」と聞くと、

意味はもちろん情景まで思い浮かべる事が出来る、という事です。

 

これが、日常的に使う言語と、日常的に使わない言語の差であり、

記憶の定着に悪影響を与えている理由の一つになります。

そして、従来の英単語帳などでは、対処が難しい課題となっています。

 

それでは、今回の本題である

Google画像検索で「adolescence」を検索してみましょう。

 

f:id:lifehack_and_geek:20150619224258p:plain

 

どうですか?

まさに青春をイメージさせる画像が表示されていますね。

 

おそらく、この画像を見ると見ないとでは

記憶の定着スピードも、意味の忘れづらさも格段に違うはずです。

 

なにより、次にその単語を見た時に

これらの画像が同時に思い出されるはずです。

 

これが、Google画像検索を利用した英単語の勉強方法のすべてになります。

 

覚えたい英単語をGoogleで画像検索するだけで

それに合ったイメージが表示され、しかも無料で使える。

こんないいツールはないですよね!

 

 

3.語句でも画像検索は使えるのか

f:id:lifehack_and_geek:20150523220859j:plain

名詞は問題なくGoogle画像検索が使えると思いますが、

動詞(語句)もいけるかを念のため確認してみました。

 

例えば、「take into account」という語句

 

これは日本語にすると、「考慮にいれる」

というような意味になる語句ですが、

これをGoogleで画像検索してみると以下のような検索結果になります。

 

f:id:lifehack_and_geek:20150619224236p:plain

 

きちんとイメージできそうな画像が表示されました。

 

ただ、日本語訳と画像検索の結果に違和感のある場合は、

無理に覚える必要はないですよ。

 

自分の中でしっくりくるイメージで覚えてください。

 

 

4.まとめ

 

Googleの画像検索を使った英単語勉強法

いかがでしたか?

 

下記に記載内容をまとめていますので

文章が長すぎる!という方は

下記のまとめを見て頂ければ、記載内容は把握出来ると思います!

 

  • 人間の記憶は時間経過と共に思い出すのが困難になる
  • 長期記憶に定着させるには、復習は必ず必要
  • Google画像検索で覚えたい英単語を検索する
  • 検索結果画面で英単語の意味とイメージも同時に記憶する
  • 動詞(語句)にも使える
  • 自分の中のイメージと異なった場合は、無理に覚えない